PC版、プレイテストが到来!

「ブラッドハント」のプレイヤーの皆さん、こんにちは!

バレンタインデーの挨拶に隠されたメッセージに気付いた方もいるかもしれませんが、3月にクローズドPCプレイテストを予定しています。

そこで、プレイテストのアップデートされたゲームに関する現在公開できる内容と、仕様などの技術面の情報をお知らせいたします。

今後もプレイテストに向けて作業を進める過程で、アーリーアクセス版との様々な変更点についてお知らせしたいと思っています。

皆さんと一緒にブラッドハントをプレイするのが待ちきれません!

 

来月のプレイテストの詳細は?

プレイテストには、問題のないSharkmobアカウントを既に所有しているすべての方が参加可能です。

このプレイテストでは、ゲームのパフォーマンスや画質のフィードバックを主に受け付けていますが、追加された要素についてのフィードバックも大歓迎です。

プレイテストは1~2日間の予定です。このプレイテストで収集した情報によって、「ブラッドハント」の正式リリースまでに必要な作業を把握することができます。

来週のプレイテストの日時などの情報は今後発表するのでお楽しみに。

 

次は技術面についてお話ししましょう。

昨年、多くのプレイヤーからゲームパフォーマンスに集中してほしいという声が届きました。そこで、この「オフライン」の期間を活かして、ハードウェアの互換性を改善し、CPUとGPUを最大限使用してよりスムーズな体験ができるようにしました。

今回のプレイテストでは、ゲームパフォーマンス面に問題があったプレイヤーの方もゲームが少し止まってしまうという問題などによってゲームが中断されることがなくなっているようにしたいと考えています。

これはもちろん、まだ最適化されていませんので、ゲーム発売後も改善され続けます。今のところは、ビジュアルとパフォーマンスを両立し、幅広いPCスペックの方に安定したゲーム体験をできるように努力しています。

これを、コードの最適化だけでなく、ゲーム自体のアートやユーザーインターフェイスを改善することでも成し遂げようとしています。
 

プロヒント:DX12を使おう!

ブラッドハントはDX12のレンダリングパスの活用を考えてデザインされているので、プレイするときはDX12の使用を推奨します。ですが、より広範な互換性のためにDX11もサポートしています。

ゲームを初めて起動するとき、シェーダーのコンパイルが必要となるため、少し時間がかかるかもしれません。

ゲーム起動2回目以降はコンパイル済みのシェーダーをロードすることになるため、初期ロードが早くなるはずです。

ゲームの起動時にコンパイルする理由は、DX12のおかげでできるだけフロントローディングして、ゲームプレイ中のつっかえなどを抑えることができるからです。

もしユーザーがこのプロセスをスキップしている場合でも、フォールバックとして、ゲームプレイ中にリアルタイムでシェーダーをコンパイルできるようにしてありますが、これはつっかえなどを起こす可能性があります。このプロセスを知らせるために、スクリーンにアイコンが表示されます。ブラッドハントのようなスキル重視のゲームでは、幅広いハードウェアで満足のいくパフォーマンスが必要となります。ですので、今回のプレイテストでの皆さんのフィードバックを心待ちにしています。

これからゲームにコンテンツを追加するときは、容量とメモリをより多く使用することになるので、ハードウェアへの負担が多くなります。つまり、このゲームの最適化の旅はここで終わりではないということです。このゲームの状態を把握しながら、改善が続けられることになります。

またお会いしましょう!

来月、皆さんをプラハに再び迎えることと、プレイテストのさらなる詳細を近いうちに公開できる日を楽しみにしています。

ではまた次回、日が暮れてからお会いしましょう!

/Sharkmob

ハントに参加しよう

「ブラッドハント」に参加しよう

継続的なインターネット接続、SharkmobおよびPlaystationおよびSteamアカウントが必要です。年齢制限が適用されます。ゲーム内購入を含みます。