アーリーアクセス、第二幕

ノスフェラトゥのプリモージェン、オムニスがエリジウムに無事到着した。オムニスが来たことで、我々の状況の深刻さを理解する能力も増加するだろう。

しかし、それよりも重要なのは、オムニスがプリンスの素晴らしい知らせを運んできたことだ!オムニスの調査によると、プリンス・マーカスは戦って安全な場所にたどり着き、今は旧市街のどこか、未知の安全な場所にいると思われる。

私が理解した限りでは、夕暮れ生まれがオムニスの調査に協力したようである。彼の血は薄いが、この調査員と彼が発見した内容の詳細をもっと知りたいと思う。

エリジウムで、我々は少しずつではあるが落ち着き始めていた。マイアとキリルは、プリンス・カーラクの古きホールをどのように使用するかに関して議論している。オムニスと他のノスフェラトゥは地下に設備を設置し始めていると私は聞いている。「聞いている」と言ったのは、私は管理人ではあるが、古い協定により、私は招かれなくして彼らの領地に入ることができないからである。

プラハではエンティティの連中がまだ移動中であるが、少なくともこれは、私たちがルドルフィヌムにアクセスできることを意味する。しかし、聞いた噂を考えると、この古きトレアドールの共有隠れ家に足を踏み入れることで、どんな目に遭うのかと不安に駆られる。

この混乱で、昔の詩「吊ヶ丘」を思い出した。私にとっては、冷静さを保つこと、物事をゆっくりと進めること、そして不規則な行動をしないことである。キリル、マイア、オムニスはまだ覚えているだろうか?この状況では、それが必要になってくるのである。

- カストスの個人的な日記

ハントに参加しよう

ゲームに参加

継続的なインターネット接続、SharkmobおよびSteamアカウントが必要です。年齢制限が適用されます。ゲーム内購入を含みます。