ブルハーのプリモージェン

かつてのブルハーは哲人王であったが、現在では暴力的な空想家であり唾棄すべき反逆者と言った方がいいだろう。家畜たる人間との平和的共存という愚かな夢を抱いていたブルハーは、カルタゴの街を繁栄させた。ローマ帝国と我が氏族が彼らを敗北に導いたことで、歴史は形成された。また現在のブルハーが誕生したのも、それが契機である。

100年に一度ほどの割合で、扇動者が人間の反乱を煽り、貴族の血を吸いながら大衆を革命の熱狂に巻き込む。確かに彼らの中には、虐げられている者が快適に暮らせる世界を目指そうとする者も数多く存在するが、結局、彼らの解決策は、怒りと自制心の欠如によって曇らされてしまうのである。

第一回プラハ会議においてブルハーのほとんどが叛徒に加わったことは予想の範疇ではあったが、忠誠心を棄てなかった数少ない者たちは、我々にとって極めて強力な兵士である。14世紀後半にボヘミアの戦士として生まれ、長年にわたり執行官および懲罰人を務めてきたキリルはその最たる例だ。

大戦と十月革命の恐怖に幻滅したキリルは、その牙と刀を故郷のプリンスのために捧げることを誓い、その誓いを守り続けている。私に策士が必要なときには、マイアを呼ぶだろう。裁判所を焼き払ったり、叛徒の縄張りを一掃したりする必要があるときには、キリルを呼ぶだろう。

キリルは、いわゆる「ヴァンダル」のイメージそのものである。彼らの戦術は、蛮族がローマの斥候を散らして混乱させるために使った手法を思い起こさせる。常に先手を取ることに重きをおくヴァンダルは、地面を揺らすほどの強大な力で地面を叩き、防衛部隊の動きを止めてしまう。残念なことに、ほとんどのヴァンダルは叛徒であり、キリル同様、近接戦闘で倒した敵の血肉を糧として回復しながら戦うようになっている。戦闘においては、彼らとは距離を取りたいところだが、口で言うほど簡単なことではない。

前回の会議が終わり、俺はアメリカから来た叛徒を追撃していた。その中の一人、正真正銘の女性の「ブルート」が突然振り向き、信じられないパワーとスピードで、ガラクタや剥ぎ取った舗装の塊を投げつけてきた。俺の護衛が撃った7.62弾は舗装の塊で弾かれ、俺は倒れてくる街灯を避けて、立ち止まらざるを得なかった。ブルートはその隙を逃さず、俺たちに襲い掛かってきた。仲間の力を結集して何とかその女を倒すことはできた。しかし、その女が灰となっている間に、他の連中はまんまと逃げて行った。

ヴァンダルもブルートも、その巨大な力を駆使して戦闘を行うのだ。スピードといい、パワーといい、彼らの攻撃には特筆すべきものがある。幸いなことに、俺は自分の肉体を石のように硬化させて、連中の攻撃を凌ぐことができる。可哀想なことに、俺の臣下たちはそれができない。

この文章を書いている今、プラハの叛徒が恐れるキリルが俺の味方でいることに深い感謝の念を抱いている。叛徒に対するキリルの憎しみが、連中の襲撃を食い止めてくれる。しかし、ブルハーの反逆者の数が忠誠派を6対1で上回っているという単純な事実は、統治に対する最も大きな課題の一つである。

– 「プリンス・マーカスの考察:プロメシアンの脅威」より

ハントに参加しよう

ゲームに参加

継続的なインターネット接続、SharkmobおよびSteamアカウントが必要です。年齢制限が適用されます。ゲーム内購入を含みます。